ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.05.10 Friday

放射能

ペンデレツキやルトスワスキーばかり聴いてた浪人時代に初めてクラフトワークに出会った時はそりゃ驚いた。ミュージックコンクレートの分厚い意味不明な音塊ではないあっけらかんとしたシンセ一音、キック一音がかっこよすぎる。なんじゃこりゃ、勝ってるじゃん。やばいなぁ、私なにやってんだ?と焦ったものだ。それからいつでも頭の片隅に「彼らに負けたくない」というようなコンプレックスとも目標とも思える志のようなものが張り付いている。今でもそうだ。
だが昨日の赤坂ブリッツのクラフトワークのコンサート「放射能」はまるっきり自分の「負け」を感じた。
うらやましくて悔しくてそれでいて格好良すぎて魂を持っていかれた。
私がライブで嫌いとする部分が微塵もないのだ。ゲストボーカルなんか絶対入らないし、しんみりソロ泣かせもない。ウケ狙いの和ませMCも皆無だ。おちゃらけたアンコールも無し。
安心極まるステージは一貫して「俺たちテクノ、テクノだよ」だ。
ふと、絶対音楽なのか、と思った。
「チェルノッブイリ!」「フークーシーマー」などとボコーダーで言っても「うーんこのボコーダーの音がなかなか出ない、、いい音だ、、」と、私は単純に音として捉えた。歌詞ではないのだ。記号的メッセージだから関係ない。
だから「愛してる、でもフラれちゃって泣いちゃった」なんていう個人の感情も無い。ほぼグレゴリアンチャントのようなものだ。
古代からの絶対音楽が一番スッキリと継承されているのがクラフトワークなのかもしれぬ。
ラルフの声は調子っぱずれの司祭の祝詞であろう。
とにかく私はクラフトワークが好きなのだ。
ただそれだけだ。
寝る時は大好きなウォンバットのTシャツ一丁だったのだが今日からは真っ赤なMan Machineシャツだぞ、と。

2013.05.09 Thursday

キメ過ぎよう

M君の作品を見にSICFというスパイラルで行われたイベントに行ってきた。渋谷から銀座線に乗り替えのときいまどきひときわ目を引く柄のボディコンワンピに光モノのハイヒールの女性の後ろ姿に思わず釘づけになり同じ車両に足早に乗り真ん前に座った。おぉバブル定番通りじゃん、とジロジロあの時代との間違い探しをしてしまった。大きな違いは長い爪で巧みな画面スクロールかなあ。そんな私は世の中の「ユルくキメすぎないがかっこいい」という風潮にうっかり翻弄され「どこを抜いてコナレた風にするか」ばかり考えるようになっていたのだ。いけないいけない、キメなきゃねえと反省しつつ会場に入りM君のブースに行くと大胸筋バリバリにプリティなピタTでのお出迎え。「だって会場にエロが足りないでしょ、だから筋肉ださなきゃ」だそうだ。出せる筋肉をお持ちなのはさすがである。そんなお茶目な言動と裏腹に作品は精緻極まる世界の中に凝縮された気迫と気品。要するにM君そのものなのである。これだけの繊細な線にはただならぬ技術が必要であろう。一緒に行ったN子は同時に展示してあった書の達筆さに驚いてた。現在の作品にはパっと見「書」の要素は気づかぬ人は多いのかもしれぬ。それって実は下着が一番お金かかってます!的なものか。。 さて会場には総勢50人、二日で100人もの若手アーチストがブースを出している。確かにM君がおっしゃる通りエロが欠乏していた。「ユルい」のだ。「ぼくの日常がちょっとデフォルメされている」のだ。世代が違うからなのか、世の中簡単スクロールで人と繋がれるから気合いは必要とされないのか。体操の内村君の豊にはみ出す脇毛はことごとく薄く修正される今、生命力をはみ出させるというのは至難の技だよねえ、と皆で語りあい帰宅。まずは健全な肉体、と 寝る前とりあえず腹筋20回。む。。生身がダメならせめて自分の作品はボディコンでキメたいぞ、と。
2013.02.27 Wednesday

夢十夜

 最近妙な夢ばかり見る、そしてよく覚えているのだ。
起きると頭の中がなんでだ?と思うものばかりだ。
こんな夢を見た。
スタジオはショボいのにもの凄く豪華なキッチンスタジアムが併設されててミックスと同時にフルコースをクライアントがいきなり背広で作り始めるのだ。もの凄い人数分をもの凄い手さばきで作って匂いがスタジオ中にたちこめている。皆で「いままでなんでこういうスタジオなかったんだろうねえ、変だよねえ、買いに行くのめんどうなのにねえ」なぞと雑談している。
変だ、私は別に食事にこだわりないしチョコひとつぶでもあれば満足と思ってたのは深層心理ではなかったのか。。
そしてこんな夢も見た。
1週間ぶっつづけで都心でオールナイトの舞台や美術展をやり続けるイベントに私は参加している。ひとつの舞台が終わるごとに白熱した討論会ディナーがあり睡魔に倒れるまで見続け語り続け、倒れると観光バスのような豪華バスで家まで随時送り届けられるのだ。リタイア組という事だが。
私はその豪華バスの座席にかかっている頭のところの白いシートがずべてボタンひとつで自動で将棋倒しのようにバババババー!と変わる様を「すごいバスだ、、」とぼんやり食事しながら窓越しに見ている。
こちらの夢はバスの頭シート替え自動システムに圧倒されて舞台や展示がどんなだったか忘れたのが残念だった。そんなシステムあったら売れるかな、、で目覚めてしまった。
変だ、そんな商売別に興味ないはずなのに。
夏目漱石の夢十夜が好きなのだがああはならぬ。まあ彼はエタノール浸けされるくらいの脳だろうから所詮みる夢も違うのだろう。が、どうせ夢なのならば幽玄な世界を見たいものだ、ぞ、と。
2012.12.30 Sunday

日本語が好き

 クリスマスも無事終わった。 以前のように巷で「Merry Christmas!」と言わなくなったもののサンキュー!より先に、生きてて最初に覚えた英語なのではないか。これほど世に浸透した言葉なのに言うのがなぜかこっぱずかしい。というよりは嫌いなのだ。別段宗教上の理由などではない。ふとなんでだろう?と考えていたらいろいろ思う事が有象無象浮かんできてちょっとした結論に至った。そう、「私は日本語が好きだ」という事に今さら気づいたのだ。

本を読むのは小さいころから音楽を聴くより好きかもしれないのだが、かれこれもう10年以上日本語以外読んでいない。作者が生きていようが死んでいようが日本語を読むと没頭できるのだ。日本語の肌にまとわりつくような湿気が夜中ひとりで読んでいるとしんしんと全身を覆ってきて安らぐ。まあずいぶん前から好きだった訳だ。

じゃあなんでなかなか日本語で歌えなかったのか、とこれまた自問自答すれば、歌詞と音楽を同時に二股かけて愛でる体力が無かったからだ。歌を作るときでもまず音主体だ。歌詞はどうでもよくめちゃくちゃ造語で仮メロを録音しながら作り後でその音を耳コピしてこれは何語かなあ、と考えて言語を選び歌詞を作っていく事が多かった。以前クレモンティーヌが歌う仮メロを私がフランス語風めちゃくちゃ語で歌って渡したら、彼女が耳コピしてくれて造語そっくりなフランス語にしてくれた時はかなり驚いた。まあバカボンをコじゃれて歌える彼女ならではかもしれぬ。だが私は日本語だと造語から歌詞に変換できない。細かなニュアンスが気になってしょうがないのだ。なのでたまにいじけて「ああ、私は愛されない恋人だよねえ、、」とか友人につぶやいたとき「お、これ歌詞にイケるんじゃ?」とか慌ててそれをモティーフにしたりする程度で日本語歌詞の歌は少なかった。

だが、「私は日本語が好き」とわかった今、もはや他の言語で歌う気がしない。ここ最近はまず音楽のスケッチではなく心象スケッチを日本語で綴り、それから歌にしていくという今までと逆の進行で作ってみてる。

腹に入ったら一緒じゃん、で、出来上がってしまえばどっちが先かなんてどうでもいい事なのだがこの発見と作業が楽しくてしょうがない。

という訳でしばらく日本語で歌っていこう、と早々に来年の抱負ができてしまったぞ、と。

2012.12.04 Tuesday

声フェチ

 わたしは今時めずらしいメイクのコンパクトみたいな携帯電話を使い続けている。取り出すたびにその中途半端な形に羞恥心を抱くものの電車に乗れば皆一心不乱にiPhoneなぞをスクロールするのに夢中な図を見るとボーっとしてやれ、と思わずにはいられない。
で、思うのだが、最近の皆のやりとりは間違いなく音声であった電話より音を発しない画像中心に変わった。イケてる写真一発に抽象画のタイトルのような一言を添えてウケるのがいいとされている。瞬間ウケしなきゃいけないのだ。メールもどんどん短文化し「長文で失礼しました」とか無駄に添えられている。手間をとらせないのがエチケットなのだ。
声フェチな私は電話の声が素敵な男性に実際の姿はどうであれ確実に惹かれる傾向にあった。寝る前に聞きたい声かどうかが運命の分かれ道だったものだ。話す内容もどうでもいい。電話フィルター通した声の質を楽しんでいたのだ。もはや時代のせいか(モテぬせいか)男女問わず知り合って何年にもなるのに電話での声というのを知らないままの人が増えた気がする。
人とのやりとりにリアルな時間軸を失いつつある今は音楽も対峙して聴くものではなくなりつつあるような気がする。そもそも音楽とは歌うものだったのか祈るためだったのか踊るためだったのか、咳払いもせず対峙するものではなかったのかもしれない。さほどこれからの時代を嘆く事はないのかもしれぬ。これからウケる音楽は必然的に変わる、小説等文字もそうであろう。
ウケる男も女もフェチネタも必然的に変わるのだろう。と、古本の臭いが好きなのだがとりあえずKindleの到着を待つのであったぞ、と
2012.10.24 Wednesday

アホでいかがわしいもの

「 情熱のピアニズム」を打ち合わせがてら表参道まで見に行ってきた。身長1mで骨形成不全症の天才ジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニのドキュメンタリー映画だ。
 まあ私も小指はかなり短い。あら詰めちゃったの?なぞとよく言われたものだ。ピアノ弾くはまったく使わないほうが楽なくらいでバイオリンだと小指は弦まで届かない。まあ言うなれば小指はオプションだ。自慢じゃないが腎臓も1個しかない。別段売ってアナログシンセを買いまくった訳でもない。生まれつきだ。こちらは2個あったためしがないのでわからないのだがテンションの低さはそのせいかもしれない。 
おかげで演奏家にはならず暗がりの爆音で踊る程度の活動で別段コンプレックスに押しつぶされる訳でもなく生きてきたが、できることならピアノをステージで汗吹き出しながら弾き、灼熱の太陽のもと海でビキニで泳いじゃったりとかいう人生も良かったよなー、、と、身長1mのペトルチアーニの壮絶モテ自慢な映画見終わって外出ればもの凄い秋晴れ。青空がまぶしい。 
そして目の前にはファーマーズマーケットがどーんと出ているしオーガニックカフェやらなんやら世の中かなり健康志向。私はいっときベジタリアンで断食までやっていたものの今は程よく毒にまみれている。が、最近のこれみよがしな自然派やオーガニック商法はいけ好かない。日常で普通にやるものだと思う。
やっぱりドラッグに溺れて早死にするのがミュージシャンてものじゃないか、と。先ほどのペトルチアーニの最期だってそうだ。復活したマイルスより狂ってたときのほうがやっぱり好きだった。まあ私は腎臓一個なんで無茶しませんが。 
と、Iさんと打ち合わせをしてたらアホ全開の「ロボットレストラン」の宣伝カーが巨乳ロボット乗せてやってきた。。10億かけたなんちゃらと宣伝している。どうせなら世の中オーガニックや菜食に傾くより10億でも100億でもかけてアホでいかがわしいものをどんどん作ってくれと思う。 
以前住んでいた渋谷の廃墟は更地だし、ホテル井の頭もなくなっちゃったし、寂しくなったものだ。では次回はロボットレストランで、とIさんと約束し帰路についたのであったぞ、と。
2012.10.06 Saturday

恥知らず

李 寶那さんの陶器展に行ってきた。DMに使われてた青の陶器の色が素敵で実物を見たかったからである。実物は青のみならず紫や黄色などあまり陶器では見ない色の発色が素敵であった。
ふと使う人としっくり合う色みたいのがあるんだなあ、と、既にやや酒が入って汗ばんでる友人Aが購入しようとしているその陶器の色を見て思った。手に取って見ている姿をみるとすっと引き立つ色がある時がある。置いてあるモノがいざ使われる段階になって放つ光のようなものが相性がいいとフワっと放たれるような気がした。
Aはパっと見豪快そうで日に焼けててトライアスロンまでしてるものの繊細で下痢ってる確率はかなり高い美術大好き君だ。。結局選んだのはヤママユガのような白の艶のある透明感のある片口であった。
なるほどねえ。
さてその後寶那さんの姉と集結した美術建築系の方々と飲み食いした訳だが芸大美校ってそういやこういう感じだったよなあ、と懐かしくなった。話題はもっぱら共通の奇人変人の話である。
G君というピアニストの話が話題になりそおいや最近アフリカからアマゾンに引っ越したよ、という旬な話題を提供してあげた。
G君は世界のどこかにいつも放浪しているのだが突然「呪術で必要な草がひとつ足りないんで調達してくれないか?」とか「今から言うスペルを書き取ってその本を送って」とか電話がかかってきたりする。(そもそも何語かわからないスペル)コンサートとなればもちろんピアノの両脇にロウソク立てて裸足でピアノを弾く。家でもピアノをよく弾いてくれたのだがそれはそれは上手というか別モノで、なんで弾けてるのかがわからない感じだ。一言で言えば天才なんだろう。と。
「ちひろ」と呼んでくれなきゃ返事しない、と言っていたM君はスウェーデンで念願の性転換手術をしてその感動を曲にして提出作品にしてたし。(作曲科にしては珍しいピアノ弾き語りだったためわかりやすい詩もあった)
今は個展も開く立派な書家のS氏もかつては全身白塗りで芸祭でサロメを踊っていたのはやはり皆衝撃を受けたらしく記憶していた。
と、、大学出てしばらくは奇人変人さんが普通にまわりにいたのに最近そおいや少なくなったもんだと寂しくなった。
そんな私も全身ゴム着てアナログシンセでヨーロッパ周りしてた時にくらべれば「本物そっくりなソフトシンセのストリングス」とか探しちゃったりしてる。これはマズすぎる。。
もっともっと恥知らずに生きねば、とあらためて思ったぞ、と。


2012.09.18 Tuesday

誉める

 
痛くて放置していた奥歯を意を決して前回予約すっぽかした歯医者に見せに行ったら「うーんこれはもうダメかもな」と言われ被せておいた歯をとられ「今日抜いちゃいますか?」と。「あーもう早いとこやっちゃってください」と言うと医者の目が輝きイソイソと準備しはじめた途端独り言が多くなった。なんだよそんなに金づるなのかよ、と若干ムっとしていたら麻酔をがんがん打たれ、ヤツは額に汗ダラダラで原始的な工具のようなもんでガシガシ抜いている。。ひとり悦に入り「ぉお!あとは引っ張るだけだ、ぅん?これは何だ?。。」だなんだ。。とうるさい。いつも思うのだがなぜ歯の治療ってこんなに野蛮なのか、、と。無人島で虫歯になって自分で歯を抜いてた映画あったよなあ、やればできるんじゃん、とか思い出しながらジっと待っていたら、誇らしげにヤツが「これですよ!これ!3つに割れてました!持って帰りますか?」と。
「いや、別に」とチラと一瞥して表情すら変えずにいたら不満げに「入れ歯にするかインプラントにするか時間ありますから考えておいてくださいね」とサラり。
なんだと!!!!!
入れ歯!!!!
聞いてねえよ!と、かなりびっくりし、麻痺した口からだら〜とうがいをこぼしつつ表情変えずにいたら畳み掛けるように「インプラントにして顎の骨が腐ったりする事もありますからね、下手すると顔半分麻痺とかもあったりしますし軽く考えないでくださいよ、」、、と、どんどん早口で脅す。
もしあの時「うわ!すごい!これが抜いた歯なんですかぁ!持って帰っていいですかあー?」と誉めまくり洗いたての(洗ってなかった)髪をかきあげ小花柄のアイロンかけたハンカチに大事そうに包んでそっとコーチのバッグに入れ「母に見せますね!」とか言ったらどうなのよ。。
これってミックスのときの最初のチェックのときのエンジニアとのやりとりとまるで一緒だ。馴染みの人ならば単刀直入でいいのだがCMとかでその場初顔合わせとかの人との最初の一言が難しい。まるで別世界にされてて怒り沸騰していても必ず誉めから入らねば短時間でまとまらない。そしていらないデータも「後で勉強しますからそっくり入れといてください」とか言って最後にお持ち帰りせねばいけない。
やはり人は誉めねばいけないのか、と思い知って痛み止めを飲みまくる今日この頃であった、ぞ、と。
2012.09.01 Saturday

妄想の肥やし

 今日から北軽井沢の大学村という所にきている。まあようするに群馬の端くれだ。軽井沢のバブリーな別荘地と違って崩れかかった茅葺きの家とか普通にある。芥川一族や谷川俊太郎、大江健三郎とかいるらしい、文学の何か裏寂しい雰囲気濃厚な一帯である。
で、この滞在中の山小屋のウリは庭の五右衛門風呂だ。
下は照月湖なので断崖。空は木々で覆われうっそうとしている。周りには他の別荘も無いしひとの目はないはずなのだが素っ裸で暗闇の中の狭い五右衛門風呂につかるというのはなんとも言えぬ動物的本能の恐怖がつきまとう。下手すると沸騰して煮えるというのもあるが熊とか猛獣にやられそうなそんな感じの恐怖なのだ。最初は「ふー、東京はアチーのに涼しい中で風呂なんてサイコー」とかいい気になっている。が、だんだん「なんだ?今の音は?」「いま何かと目が合ったんじゃ!」と盛り上がってきてしまいヒョー!と慌ててタオルで隠し(必要ないのに)サンダル履いて家に戻るのだ。と、その時、だいたい惨事は起きる。
釜の敷居が熱くて異常に高いというのも慌てる要因であろう。
前回はオーソドックスに転んだ。
今回は履いたサンダルになにものかの昆虫が入っていたのだ。
ギョエー!とサンダルを吹っ飛ばし泥まみれの裸足で命からがら家の中に入りシャワーをあびる。。
最初っからシャワーってテもある。
いや、
暗闇ですっ裸こそ妄想の肥やしだぞ、と

2012.08.27 Monday

テロの女王

  深夜にタクシーに乗ってぼーっとしてたら運ちゃんが「いやぁ最近物騒ですよねえ、タクシー強盗とかねえー」と急に語ってきた。「はー、、そんなぁ、じゃ運転手さんヤラれたんですかぁ?」と聞くと無いという。が、どうやら強盗対策マニュアルで「20分以上無口で道をあまり詳しく指定しない客は要注意」という指導があるのだという事が会話からうっすらわかった。
それ、私じゃん。
むむ。。ヤツはさては私を強盗と勘ぐってるのか?
まあこういう系の犯罪者もアリだ。。最近この真ん中分けロングヘアがテロの女王重信房子と同じってのが気になってるし、黙ってても威圧感あるからスタジオとかで気をつけろ、と忠告されたし、、
と、気づくと妙にソワソワし、逆に脅しにかかってみる。「女ひとりだとねえ、NYとか空港まで途中でメーター落とされてぼったくられそうになったり、ぐるぐる回られてすごいぶんどられたりなんだり、、」と。
が、結局道路工事中だったりしてさっぱりイケてる道順を伝えられず焦って途中下車してしまった。人間疑われるとかえってあやしい行動をとってしまうものだぞ、と。