ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 声フェチ | main | 夢十夜 >>
2012.12.30 Sunday

日本語が好き

 クリスマスも無事終わった。 以前のように巷で「Merry Christmas!」と言わなくなったもののサンキュー!より先に、生きてて最初に覚えた英語なのではないか。これほど世に浸透した言葉なのに言うのがなぜかこっぱずかしい。というよりは嫌いなのだ。別段宗教上の理由などではない。ふとなんでだろう?と考えていたらいろいろ思う事が有象無象浮かんできてちょっとした結論に至った。そう、「私は日本語が好きだ」という事に今さら気づいたのだ。

本を読むのは小さいころから音楽を聴くより好きかもしれないのだが、かれこれもう10年以上日本語以外読んでいない。作者が生きていようが死んでいようが日本語を読むと没頭できるのだ。日本語の肌にまとわりつくような湿気が夜中ひとりで読んでいるとしんしんと全身を覆ってきて安らぐ。まあずいぶん前から好きだった訳だ。

じゃあなんでなかなか日本語で歌えなかったのか、とこれまた自問自答すれば、歌詞と音楽を同時に二股かけて愛でる体力が無かったからだ。歌を作るときでもまず音主体だ。歌詞はどうでもよくめちゃくちゃ造語で仮メロを録音しながら作り後でその音を耳コピしてこれは何語かなあ、と考えて言語を選び歌詞を作っていく事が多かった。以前クレモンティーヌが歌う仮メロを私がフランス語風めちゃくちゃ語で歌って渡したら、彼女が耳コピしてくれて造語そっくりなフランス語にしてくれた時はかなり驚いた。まあバカボンをコじゃれて歌える彼女ならではかもしれぬ。だが私は日本語だと造語から歌詞に変換できない。細かなニュアンスが気になってしょうがないのだ。なのでたまにいじけて「ああ、私は愛されない恋人だよねえ、、」とか友人につぶやいたとき「お、これ歌詞にイケるんじゃ?」とか慌ててそれをモティーフにしたりする程度で日本語歌詞の歌は少なかった。

だが、「私は日本語が好き」とわかった今、もはや他の言語で歌う気がしない。ここ最近はまず音楽のスケッチではなく心象スケッチを日本語で綴り、それから歌にしていくという今までと逆の進行で作ってみてる。

腹に入ったら一緒じゃん、で、出来上がってしまえばどっちが先かなんてどうでもいい事なのだがこの発見と作業が楽しくてしょうがない。

という訳でしばらく日本語で歌っていこう、と早々に来年の抱負ができてしまったぞ、と。

コメント
次のアルバム、待っていますよ?
  • まきしまこういち
  • 2013.01.26 Saturday 21:02
はい、ありがとうございます
  • kakiage
  • 2013.01.27 Sunday 00:12
書上さんこんばんは!
ブログが出来てる事に今頃気付きました…!
ダイアリーの放置プレイで寂しかったですが、また
書上さんの文章が読めるなんて嬉しいです!
日本語の曲、楽しみに待っています!
まだまだ寒い日が続きますがお体に気をつけてくださいね!
  • あい
  • 2013.02.06 Wednesday 00:38
雑記、また放置ぎみ、、すいません。
美しい曲どんどん作っていこうと思います
ではではまた
  • kakiage
  • 2013.02.08 Friday 10:05
コメントする